2021年1月15日金曜日

2021年1月15日【商品紹介】Stohlquistストールクイスト ドライスーツ【SHIFT】

 冬のカヤック屋さんの日常・開店休業。。。

そんな今日は真冬のパドリングに便利で快適なドライスーツの紹介をします!


 
動画でもまとめましたがブログでより詳しく案内していきますね。
 
 
ストールクイスト【SHIFT】は革新的なシステムを搭載したハイスペックドライスーツです。
 
 
見た目はこんな感じ。
まるで赤いジャケットと黒いオーバーパンツを履いているようですが、
 
 
フロントジッパーを開ければ分かる通り、ワンピースタイプのフルドライスーツなのです。
【SHIFT】の一番のポイントは特徴的なエントリー方法でしょう。
 
 
このように首回りにU字型ジッパーが配置されており、1人で着脱できるのはもちろん、あまり力を使わずに開閉することができます。
 
そしてこの構造のおかげで「スタンバイモード」が生まれました。
 
 
こんな風に着ることができるので、漕ぎ出すまでの間に首元が窮屈にならず、また、食事なども格段にしやすくなります。
もちろんジャケットは防水ですので、雨の日なども重宝しそうですね。
 
さらにくわしく各部を見ていきましょう。
 

 
まずは首回り。
 
ガスケットは防水性の非常に高いラテックス性(ゴム)。
ドライスーツはここが窮屈なのが大きなデメリットですが、【SHIFT】はソフトなタイプのラテックスを採用しているので久しぶりにドライスーツを着込んだサニー本橋もそれほど窮屈には感じませんでした。
 

そのしなやかさのおかげでしょうか、頭を通すのもとってもスムーズにできます。

 

 
続いて手首。
 
ここにも首回りと同じソフトなラテックス性ガスケットを採用し、脱ぎ着もしやすく、もちろん防水性もばっちりです。
 

 
そのラテックス性ガスケットを保護する役割も担うのがガスケットカバーです。

見た目にも格好いいですし、ちゃんとベルクロで締め具合を調整できるのですっきりとまとめられます。

 

 
足元は布製ソックスタイプです。
 
一度、ソックス付きのドライパンツを履いてしまうとその快適さ、着替えの楽チンさから抜け出せなくなりますよね。笑
 
 
ソックスとパンツの裾は二重構造になっています。
もちろんパンツの裾もベルクロで調整可能。
 
 
フードもしっかりした作りです。
 
 
各部に調整コードがあり、しっかりとフィットさせることができます。
 
 
前から見た感じ。
キャップを被ったままですがしっかりと視界が確保され、口元もすっきりしていますね。
 
 
このフードはジッパーを外せば着脱可能。
サニー本橋はフード好きですが、いらないよ~という人も邪魔になりません。
 
 
ポケットも三か所に配置。
 
ジャケットの左右にあるポケットは表地がネオプレン製でハンドウォーマー仕様になっています。
寒い時期に着るのが前提のドライスーツには意外とうれしいハンドウォーマーポケットなのです!
 
 
もう一つは胸ポケット。
どのポケットにもジッパーがついているので、中に入れたものを落さないので安心ですね。
 
 
もちろん前立て付きです。
フラップ付きですっきりデザイン。
 
 
開けるとこんな感じ。
安心してください、ちゃんと中にも着ています。笑
 
それでは実際の着かたを見ていきましょう。
 
  
 
足を入れる時はサスペンダーに気を付けましょう。

腰のところくらいまで引き上げてきたらサスペンダーを肩に掛けます。
このサスペンダーがあるおかげで着やすくなり、そして着た後も着崩れしにくくなります。
 
 
肩ぐらいまで引き上げたらお腹にあるベルトを締めます。
これでサスペンダーと合わせてより着崩れしにくくなります。
 
ウェスト部はダブル構造になっているので、スプレースカートを装着するシーカヤック、リバーカヤックにも対応しています。
 
 
 
手首と首をラテックス性ガスケットに通します。
見ての通りとってもスムーズに手首も頭も通せてますね。

ガスケットは通した後、折り曲がっていないかを確認しましょう。
 
 
首回りのメインジッパーを閉めます。

このメインジッパーが背中側にあるタイプは1人で閉めるのが難しく、前面にあってもたすき掛けになっているとちょっと力が必要だったりするのですが、【SHIFT】のU字型ジッパー構造は身体が硬い人でも比較的やりやすいのではないでしょうか。
そしてあまり力を使わずにしっかりと最後までぴっちり閉めきることができます。
 
ドライスーツはまさにこの構造が肝なのですが、【SHIFT】は閉めやすさと使い勝手の良さを高い次元で完成させたと言えるでしょう。
 
 
 
仕上げに手首のベルクロを締め、ジャケットのフロントジッパーを閉めれば装着完了です!
※ 足元の裾のベルクロは、パドリングシューズを履いた後に調整します。
 
 
あまり画にならないモデルが着ておりますがいかがでしたでしょうか?笑
 
スタイリッシュで、機能的なハイスペックモデル。
ストールクイスト【SHIFT】で、この冬は快適なパドリングを楽しみませんか?
 
【SHIFT】のお問い合わせ、ご購入はサニーコーストカヤックスまでどうぞ♪
 
 
注:申し訳ございませんが、当然のことながら店頭在庫はしておりません。XLサイズはご試着できます。


2020年12月30日水曜日

2020年12月30日【令和3年度 南伊勢町「地域おこし協力隊」募集のお知らせ】

いよいよ年も押し迫ってきました。

今朝は年中飾りの伊勢の締め飾りを付け替え、今年一年と来る新年に思いを馳せます。

 

  

一年経った注連飾りはだいぶ年季が入ってしまいましたね。

今年一年ありがとうございました。

 

 
そして新しい注連飾りを据え付けます。
正月飾りと違い、伊勢志摩では年中飾りっぱなしにする注連飾り。
さて、来年はどんな一年になるでしょうか。。。

 

今年はコロナウイルスの災厄が世界中を襲い、人心は乱れ、本当に大変な一年だったと思います。

そんな一年でしたがサニーコーストカヤックスには大きな変化、それもプラスになる変化がありました。

南伊勢町の地域おこし協力隊として着任したMくんと働いてきたことです。

 


Mくんと一緒に仕事をすることでサニーコーストカヤックスの業務は格段に効率化が進み、これからの発展への地固めと大きな一歩を踏み出せた一年となりました。

 

 

そして来年度も南伊勢町・地域おこし協力隊の受入事業者としてサニーコーストカヤックスは登録されました。

また一人、南伊勢町へ移住しこの町で暮らし、仕事をしたいという若者をサポートするチャンスをいただくこととなりました。

そこで、「先輩」地域おこし協力隊隊員であるMくんからのメッセージをここでシェアしたいと思います。

今現在地域おこし協力隊として活動しているMくん=丸尾くんの生の声を聴き、ぜひ南伊勢町への移住を考えてみませんか?

 

※ 南伊勢町からのくわしい募集要項などは後日正式に公表されます。

  各種お問い合せ、カヤックのお仕事に興味のある方はサニーコーストカヤックス代表・本橋までご連絡ください。

【お問い合せ】はこちらから!

 


<以下、転載> 

三重県南伊勢町の地域おこし協力隊として活動している丸尾航平と申します。

令和3年度も実施される南伊勢町「地域おこし協力隊」隊員募集の告知をさせていただきます。

 

 

地方移住を考えてる方、そろそろ何処かに定住しようかと考えてる方!私と一緒にカヤックインストラクターを目指しませんか?サポート体制もしっかりしていますので未経験の方も大歓迎です!私も未経験でした!

 

 

南伊勢町は三重県南部にあり伊勢市、志摩市と隣接しています。名古屋までは車で2時間半ほどで行ける立地です。過疎化が急速に進んでいる町ですが生活環境はとても良く地方移住の足掛かりとしては最適な場所だと思います。

活動の拠点となるサニーコーストカヤックスは南伊勢町の中心・五ヶ所浦地区にあるのでスーパー・コンビニ・銀行・郵便局・病院・役場まで車で5分で行けます。居酒屋には歩いて行けます!10秒です!

そしてなんと言っても伊勢志摩国立公園内にある五ヶ所湾の美しさは格別です。護岸工事もほとんどされていないリアス海岸の入り組んだ地形は変化に富んでいて飽きることがありません。

海の幸が豊富で季節ごとに新鮮な魚介類が楽しめます!

 


私は令和2年4月からサニーコーストカヤックスで活動を始めたので現在8ヶ月ほどが経過しました。活動を通して感じたことをいくつかお話しさせていただきます。

南伊勢町の協力隊の特徴は、町内の民間事業者に直接入って活動を行うところです。

サニーコーストカヤックスであればカヤックインストラクター見習いとしてショップスタッフとして働きます。なので、やることが明確なため活動がしやすいです。

 


受け入れ事業者さんも3年計画のプランを持っていらっしゃるので心強いです。

ですが、3年というのはあっという間で隊員個人が主体的になって活動しなければ時間だけが過ぎてしまい、ただの労働力で終わってしまう!という危機感を自分は感じています。

この8ヶ月の流れとしては、4~5月下旬まではコロナの影響で休業状態であったので毎日カヤックトレーニングでした。またカヤックの漕艇技術だけでなく、インストラクターとして必要な技能の習得が必要です。心肺蘇生などの救命講習やショップが加盟するパドルスポーツの協会(JSCA日本セーフティカヌーイング協会)のベーシック資格の取得をしました。安全管理の大切さを時間をかけてしっかりと勉強します。コロナが落ち着いてお客さんを入れれるようになってからは、実際にツアーに同行し勉強していきます。2年目からは半日体験ツアーを自分1人でインストラクションできるようになるのが目標となっています。

 

 
 

ただ、事業者に直接入って活動していると他業種とつながりが無く頭が少し煮詰まってくる時期がありました。ですが、町内には活発に活動している移住コーディネーターという方がいるため色々サポートしてもらいました。役場には若い職員の方もいて理解があり新しいことにチャレンジするサポート体制はしっかりあると私は感じています。

私も今、前職でやっていた飲食の仕事とカヤックインストラクター業務を両立できる道を模索している状況です。少しずつ他業種の方ともつながりができてきたので町内で新しいことが動いていくワクワク感を感じながら活動しています。

 





2020年はコロナの影響で社会状況が大きく変化し、様々なことに影響を及ぼしました。

今後、人の価値観・働き方がもっともっと多様化していくと思います。新しい環境にチャレンジしたいと考えている方をお待ちしています!

 <以上>
  
 
Mくん、ありがとー。
かく言うサニー本橋も移住者です。
さああなたも僕たちと一緒にチャレンジしてみませんか?
 
<注>
・南伊勢町地域おこし協力隊事業は、予告なく実施されない場合もあります。
・サニーコーストカヤックスへの赴任は新規1名の予定です。
・募集要項、諸条件、応募方法などは近日中に南伊勢町HPに掲載予定です。
 
 
お問い合せ、お待ちしております~!!
 
 




 
 
 
 

2020年12月28日月曜日

2020年12月22日23日、26日27日【三重大学自然環境リテラシー キャンプとカヤック検定】

 先週は2回にわたり一泊二日で三重大学【自然環境リテラシー】のキャンプツーリングとカヤックインストラクター検定会を実施しました。

 



 
 
毎年、夏の終わりに5日間の日程で実施していた【自然環境リテラシー学】ですが、今年はコロナの影響もあり10月から土日や冬休みを使って一泊二日のプログラムを数回実施することになりました。
南伊勢町五ヶ所湾で実施したプログラムはカヤックを使って自然を学ぶだけではなくインストラクター=指導者を養成するコースで、南伊勢町さんと三重県さんにご支援いただき実施することができました。
 
 
テント泊は何度か経験した学生さんたちですが、その荷物を小分けしてさらにカヤックにパッキングしていくのは初めてです。
パッキングの講習もしたのでどうやらうまいこと荷物がカヤックの中に納まっていきました。
 
 
いよいよ漕ぎ出します。
重積載したカヤックは漕ぎ出しは重いですが、進み始めてしまえばそれほど苦になりません。
 
 
無人島・杉島の風影でちょっと一息。
この透明度♪
 
 
そしてキャンプ予定地に上陸です~。
今回のキャンプツーリングでは季節のこと人数が多いことも考えて、場所選びは慎重に行いました。
 
 
もちろん流木がふんだんにあることも条件の一つです。
みんなで流木を集め、あっという間に火が熾り、そして地域おこし協力隊のスタッフMくんからウェルカムドリンクならぬ焼きリンゴ~♪をご馳走。
 
 
総勢13人でしたが浜は十分な広さがあり、そしてそれほど冷え込まず、にも関わらず星はたくさん見え。。。
木星と土星の最接近も見ることができました。

こんな水道も電気もトイレもガスもない浜辺にカヤックで漕ぎ着き野営する。
コロナ禍でも、むしろコロナ禍だからこそ見直されるべき貴重な体験ではないでしょうか。
 
 
翌朝。
7時起床とゆっくり目覚め、焚き火で湯を沸かしてコーヒーとお茶を淹れます。

火が爆ぜる音、砂利を踏みしめる音、そして火のぬくもりに引き寄せられるように学生たちもテントから這い出てきました。
 
 
今回のキャンプツーリングは基本的に各自自炊です。
サニー本橋の朝食は米粉パンのハンバーガーとくるみパン、インスタントのポタージュとコーヒーでした♪
 
 
仕度を済ませ、再び漕ぎ出します。

昨日もそうでしたが、ツアーリーダーは学生スタッフに任せました。
学生スタッフは去年以前に「自然環境リテラシー学」を受講した先輩学生です。
 
 
途中上陸して休憩。
ここでナビゲーション講習を学生スタッフくんがしてくれました。
 
 
さあ最後の一漕ぎです。

ツアーリーダーにも慣れてきたのか学生スタッフが寄り道までしてくれました。
それについていく受講生たちもきれいに船団を組み、全員がまとまって漕いで行きます。
 
 
汗ばむような陽気になった昼前に無事帰着。
あっけないほどにハプニングもなくキャンプツーリングを終えることができました。

この日の午後は次回に予定されているカヤック検定のための事前講習会を実施しました。
 
 
漕ぐだけで終わらないのが「自然環境リテラシー学」です。

インプットしたらちゃんとアウトプットする。
このプロセスがリテラシーを高めていくのです。

しっかりアウトプットもし、五ヶ所バスセンター発最終のバスで学生たちは帰っていきました。
 
 
そしてクリスマスも明けた26日。
今度はJSCA日本セーフティカヌーイング協会【指導者検定会シーカヤックベーシック課程】を実施しました。
 
 
会場は南伊勢町商工会の会議室をお借りしました。

会議室は広く着席も一人1テーブル使い、暖房も空気清浄機もあり、さらに窓もドアも開け(暖房も空気清浄機も意味なし!?笑)、入室時のアルコール消毒とマスク着用を徹底しました。
サニー本橋もこの通り。笑
 
 
「JSCA指導者検定会」はあの手この手で受験生の学びを深化させます。
プロジェクターとホワイトボードを駆使し、さらに現物を見て触ったりもして講義を行います。
 
みっちりと90分講義3コマとそれぞれの筆記試験をこなし、初日は終了しました。
 
 
二日目は技術課目検定。
まずは受験生みんなが緊張する漕艇技術検定です。
 
 
続いて指導技術検定。

その後にフィードバック講習を行うのもJSCAの検定会の特徴です。
上の写真はスタッフMくんが陸上講習のデモをして、受験生たちに引き出し=ネタを増やしてもらっています。
 
 
午後は安全技術検定です。

こちらは牽引の練習。
道具(トウライン)を使わず、カヤックにしがみついてもらって牽引しています。
 
 
最後はもちろん(!?)レスキュートレーニングです!
まずはアシストレスキューから。
 
 
続いてセルフレスキュー(再乗艇)の練習をします。

受験生には全員にウェットスーツを貸しましたが、気温:13度、水温:18度、風向風速:凪と、ぜんぜん年末らしさがない穏やかで温かい海での寒稽古となりました。笑
 
 
15時過ぎにすべての課程を終了し、片付け・撤収しました。
検定の結果は、、、見事6名全員合格でした~!
 
みんなおめでとう~!!
 
二日間ほんとうに頑張りました。
そして短い期間にも関わらず成長が見て取れるようでした。
 
検定の後ももちろん振り返り=アウトプットをしましたが、何人かの学生から「大学生になってから対面授業ははじめてだった」と聞かされ、ぐっと胸が詰まる思いでした。
そうかあ、そうだったんだね。
 
そうしなくちゃいけない世情ではあるけれど、それは想像できないほどに残酷なことだなと感じました。
そんな学生たちのことをよく知っているからこそ、担当の坂本教授と山本先生は「自然環境リテラシー学」実施のために奔走されてたんだなとあらためて思い知りました。
働いてくれた学生スタッフもお疲れさまでした。
まだまだ続きますが、引き続きよろしくお願いいたします! 
 
 
南伊勢での「自然環境リテラシー学」はあと二回実施する予定です。
サニー本橋も関わっていきますので、また報告したいと思います。