2019年5月20日月曜日

2019年5月19日【自然環境リテラシークラブ】新歓キャンプのお手伝いをしました!

三重大学の【自然環境リテラシークラブ(NELC)】にとって初めてのイベントとなる「新歓キャンプ」で、五ヶ所湾でのシーカヤックツーリングを楽しんでいただきました~!!


昨夜は特別に許可をいただいて宿田曽浦でBBQとキャンプした三重大生たち。
僕も仕事を片付けて夜から合流して、昨年の「自然環境リテラシー学」を履修していたみんなとの再会を楽しませてもらいました。

そして二日目の今日は、五ヶ所浦へ移動してきてもらってカヤックツーリングです。


「自然環境リテラシークラブ」は去年の夏に正式科目として履修した学生たちが昨年末に立ち上げ宣言をして、本当に作ってしまったサークルです(現在、三重大学へ公認申請中)。
この春には新入生の加入もあり、今回の「新歓キャンプ」となりました。

ということで(?)、陸上講習などは学生たちにしてもらいます。


僕は昨日入荷した「エッジ14.5」の進水式でちょっと浮かれています。笑
備品ではありますが、新艇はやっぱりうれしいものですね♪


カヤックの乗り降りの説明も先輩学生たちにしてもらい、さあ漕ぎ出します!

昨日に引き続き東寄りの油断できない風が吹いていますが、五ヶ所湾なら危なくありません。


海藻・ホンダワラの上へ。
今日もたくさん魚を観察できました。

三重大生たちは生物資源学部なので、みんな生き物が大好きみたいです!


曇りの予報でしたが晴れ間が広がってきました♪


静かな入り江の無人の浜に上陸。


ここでランチに♪
もちろん「伊勢うどんの焼うどん」を振舞いました!

学生たちにも大好評でした~。


後半はマングローブの仲間・ハマジンチョウ観察から。

マングローブと松とウバメガシと桜が一緒くたに育っている伊勢志摩の豊かな自然。
この現実を目の当たりするのも「自然環境リテラシー」を身に付けることにつながっていくのです。


再び広い海原へ。
一年生たちも漕ぐのに慣れてきたようです。

先輩たちはバック漕ぎ(リバースストローク」を練習していました。
この夏までに「JSCA指導者検定会ベーシック課程」に受験しようと考えている学生もいるんです!


大潮で干潟がすっかり水没した浜に戻って来ました。
出艇した場所はもう海の底です。

こうした自然のシステムを体感するのも学びですね。


学生のみんなと顧問の坂本先生、山本先生、そして僕を含めて総勢13名での賑やかなツーリングでした!
片付けはもちろん、カヤックの準備なども学生のみんなが率先して手伝ってくれました。
ホントにありがとね~!!


帰り支度を整えて最後のご挨拶。
サークル長のSくん、しっかりとその役目を果たしてますね♪


これからもいろんな活動を展開していくとのこと。
僕も「自然環境リテラシー学」の担当講師として、サポートできることはしていきたいと考えています!




2019年5月18日土曜日

2019年5月18日【カヤックフィッシングのためのファーストステップ講習】カヤックアングラーになるためのはじめの一歩!

カヤックフィッシングに興味があるというお客さまが、カヤックアングラーになるためのはじめの一歩【カヤックフィッシングのためのファーストステップ講習】を受講してくださいました~♪


明日から大潮で日中大きく潮の引いた浜。
まずはここで陸上講習です。


陸上講習では漕ぎ方の練習だけではなく、フィッシングカヤックの各部説明や、フットブレイスの調整などもしっかりお話しします。


陸上講習を終えいよいよ海上講習へ。
まずは基本の「き」・フォワードストローク(前漕ぎ)から。

一番基本となる漕ぎだからこそしっかりと基礎を身に付けておくと上達が早くなるんです♪


ランチはサニーコーストカヤックスに戻って来て。
「伊勢うどんの焼うどん」でおもてなしです♪

伊勢茶のほうじ茶が良く合いますね。


午後は釣りではなくショートツーリングへ。
今回はしっかりと漕ぎを身に付けたいというご要望でした。


ホンダワラが繁茂する上へすいーっと漕ぎ進んでいきます。
動力船では来ることもできない、そして見ることもできない世界が水面下に広がっています。

ここだけで数百匹のお魚を観察できました!


東寄りの風が強めに吹いていましたが、五ヶ所湾のこの場所なら風裏なので波もほとんどありません。
地形と天候を知り尽くしたカヤックインストラクターの腕の見せ所です!


静かな入り江の奥の小さな浜に上陸してコーヒーブレイク。
釣りの話など、ついつい話が弾んでしまいます。



再び漕ぎ出し、本州では珍しいマングローブの仲間・ハマジンチョウを観察しに。


帰路は追い風っぽくなりました。
追い風、追い波は慣れないうちは漕ぎにくいものですが、しっかりとついてきてくださいました。


そしてもと来た浜に到着~。
すっかり潮が満ち、景色が一変していましたね。
一枚目の写真と見比べてみてください。


初めてのフィッシングカヤックはいかがでしたか?
次回はぜひカヤックフィッシングにも挑戦しに来てください♪

ご参加いただきましてありがとうございました~!!


そして。
余談ですが試乗艇としてオーダーしていたシーカヤックが本日入荷いたしました!
4m50cmとコンパクトなサイズながらラダーも装備された本格的なモデルです。
くわしくは後日ご案内いたします♪



2019年5月12日日曜日

2019年5月11日、12日【古和浦カレーキャンプツアー】RAINBOW中谷さん特製カレーと秘境・座佐の浜キャンプ♪

この土日はRAINBOW中谷さんとコラボして【古和浦カレーキャンプツアー】を秘境・座佐の浜で楽しんできました~♪


シーカヤッカーご用達のベース「ロッジさらくわ」さんに集合して準備を進めます。
お昼前から汗ばむ陽気でした!


今回ご参加いただいた5名さまのうち、なんと4名さまはシーカヤックキャンプツーリングは初めて。
荷物のパッキングからカヤックへの積載までちゃんとお話しして、少し早めのお昼ご飯を済ませてからの出艇となりました。


漕ぎ出すと頬を撫でるような風が心地いいです♪


なぜか釣り船も少なく、海は僕たちだけの貸切のようでした。


シーカヤックを始めて今回で3回目という初心者のお客さまもいらっしゃいましたが、最寄りの秘境・座佐の浜までは40分ほどで着いてしまうのです!

ちなみにハイクコースもありますが、アップダウンもありたっぷり1時間半は掛かります。
シーカヤックのほうが断然楽チンなんです♪


座佐の浜の南の端っこに上陸。
人っ子一人居ません。


上陸したらみんなでカンパーイ!
※お酒が苦手な方もご安心ください。


荷物を降ろし、一休みしてから海跡湖・座佐の池を漕ぎにいきました。
座佐の浜へ来るのも初めてという方も3名いらっしゃったので、人跡まれで浜だけでも十分秘境みたいなのに、その背後にカヤックを漕ぐことができるくらい大きな池があるということにびっくりしていました。

座佐の池は相変らず静かで、桃源郷のようでした。


座佐の池でのショートツーリングを楽しんだ後の午後の時間はタープの下でまったりタイム。
四方山話は尽きず、お酒も進みます。


日が山の端に隠れると途端に気温が下がり始め、みんなで流木を集めて火を熾します。

それだけでは飽きたらず、ベンチやテーブル、物干し場まで作ってくれました。笑


今夜のメインディッシュはRAINBOW中谷さん特製のインドカレー♪
今回は「北インドのチキンカレー」だそうです。

数々のカレーコンテストで優勝経験もある中谷さんのカレーは本当に絶品ですね!


カレーだけではなく、サラダとデザートまで用意してくださいました。


デザートはシフォンケーキのクリームチーズ和え、自家製ラムレーズン乗せです♪
なんて女子力が高いでしょうか!笑


暗くなるとぐっと冷え込み、星々が瞬き、焚き火が恋しく、自然とみんなの輪が縮まります。
今日初めて顔を合わせた方たちばかりでしたが、すっかり打ち解けて話込んでいらっしゃいました。


今回の「カレーキャンプ」では、中谷さんが秘蔵のラム酒(ダークラム)を数本持ってきてくれました!
最近ハマッているそうで、うんちくも語ってくれました。

スコッチ好きの僕も今夜ばかりはラム酒が進むのでした。


夜も更け、火の始末をしてそれぞれのテントへ。
半月だというのに月明かりで足元が見えるほどです。

天の川もうっすら見ることができ、寝袋に包まったのでした。


翌朝。


昨日に引き続いての絶好のお天気です♪


朝食は炭焼きパン(手作りという意味ではありません笑)とベーコンエッグ、それに一晩寝かせた中谷カレー。
中谷さんのカレーは辛くないので、朝ごはんからがっつり食べることができます。


焚き火で湯を沸かして淹れたコーヒーを飲みながら食休みをし、荷物はそのままにツーリングにお出掛けします。


漕ぎ出すと予想に反してうねりがありました。
ただ風が吹いているわけではないので、岸近くを漕ぐ以外は問題ありません。


座佐の浜から対岸へ渡り、湾口のほうへ。
そこにはこんな洞窟もあります♪


こんな洞窟へ入るためにはバック漕ぎがちゃんとできないとですよね!


通称・夕日が浜に上陸。
暑いので海に浸かる人、岩場へよじ登る人、石積みをする人(←僕)。


非日常すぎるひと時を楽しみ、再び漕ぎ出します。


ちょっと波のある様子。
でもカヤックそのものは左右に揺さぶられるのではなく上下に動くだけなので、その感覚に慣れてしまえば気になりません。


座佐の浜に戻って来ると、お留守番をしてくれていた中谷さんがランチの支度を整えて待っていました。


タープの下でお食事タイム。
メニューはシンガポール風ビーフンです♪

食後もしっかりまったりと過ごし、重い腰を上げてテント撤収に取り掛かるのでした。笑


帰路。
相変らずうねりはありますが、心地よい風が背中を押してくれます。

あんまり頑張って漕ぐとその風を感じることができなくなるのでゆっくりと進んでいきます。


古和浦湾の中間地点まで戻ってきました。
ここまで来るとうねりもほとんどなくなりますね。


そして「ロッジさらくわ」に無事戻ってきました~。
この後のお片付けは気怠い身体にそれなりな負担ですが、それはある意味で現実へ戻るための禊のようなもの。


また癒しの時間を過ごしにシーカヤックキャンプツーリングにお越しくださいね♪
ご参加いただきましてありがとうございました~!!