2018年7月15日日曜日

2018年7月15日【貸切!出張カヤック体験】紀北町・古里海水浴場で三重大生の皆さんと♪

連休中日の今日は、紀北町・古里海水浴場で三重大学の学生の皆さんに【カヤック体験】をしていただきました~♪


某学部の二年に一回実施される集中講義の一環として行われるこの【カヤック体験】は、かれこれ20年くらい続いているそうです。
僕が関わらせていただき始めたのは5年前ですが、それ以前は僕のカヤックの師匠が長いこと引き受けていました。

今回も30名以上の学生さんと教員の方々数名がご参加くださいました!


ここまで好天にならなくてもいいのに・・・、という快晴!ベタ凪~♪
小島が点在する紀北町の海は、アーキペラーゴ(多島海)で風光明媚です。

今回は人数が多かったので3班に分かれてもらい、さらに紀北町をベースに活動している【キオラパドル】山本ケイタくんにお手伝いしてもらいました!


陸上での講習に続き、海上でも基本パドリングをしっかり練習します。
あくまでも授業ですからね!

しかし緊張感の湧かない海でした~。笑


講習では海に飛び込んでからまたカヤックに戻る、再乗艇もしました。
それに飽き足らず、カヤックに立ってもらいました。

みんな運動神経が良くて、ハプニングが起こらずちょっと残念です~。笑


1時間半の【カヤック体験】を3回実施しました。
いやあ、暑かったですねえ。


カヤックの準備や片付けなど、学生のみんなは積極的にお手伝いしてくれました。
ありがとうございます!

翌日は遠泳をするとか。
頑張ってくださいね♪


ご参加いただきましてありがとうございます!!


2018年7月14日土曜日

2018年7月14日【カヤック半日体験ツアー】夏本番到来!みんなでカヤックに挑戦しよう~♪

猛暑日となった海の日3連休初日の今日は、元気な男の子5名さまが【カヤック半日体験ツアー】にご参加くださいました~♪


大潮の今日は午前中からがっつり潮が引いていました。
河原へ降りるとそこいら中にカニたちがいて、さっそく遊び始めます。

こんな小さなことからすでにシーカヤックの「非日常な体験」が始まっているんですね。


さあ漕ぎ出します!
陸上は暑くても海の上は海風が吹き渡り心地いいものです。


この空。この海。

きっと内陸部では茹だるような暑さなのでしょうが、シーカヤックで海にプカプカ浮いているのは本当に気持ちいいですね♪


無人の浜に上陸して休憩タイム。
ドリップしたアイスコーヒーを飲み、その後はやっぱり海へ!

ライフジャケットを着て泳ぐのも楽しいものです。


上陸休憩の後も真っすぐには帰らず、しっかり寄り道していきます。
静かな入り江をゆっくり見て回りました。


広いほうへと出てくると、また心地よい海風が吹いていました。
風と波に押されるようにして漕ぎ進みます。


そして出発した河原に戻ってきました~♪
ちょっとだけ潮が満ち、ここまで漕ぎ上がることができました。

こんな自然の変化を体感できるのもシーカヤックツーリングの醍醐味ですね。


ご参加いただきましてありがとうございました~!!



2018年7月12日木曜日

2018年7月12日【五ヶ所湾カヤック半日体験ツアー】数年越しにまた遊びに来てくださいました~♪

サニーコーストカヤックスを開業したての頃に何度かツアーにご参加いただいたお客さまが、数年振りに【カヤック半日体験ツアー】に遊びに来てくださいました~♪


今回はご夫婦でのご参加。
前泊もしたそうで、夫婦水入らずのご旅行ですね!


漕ぎ出した五ヶ所湾はいつものように穏やかな表情を見せてくれました。
昼前11時干潮だったため、赤灯台の周辺はかなり干上がっていました。

ウニとヒトデがたくさん見れましたね♪


まるで海っぽさがない五ヶ所湾。
ある人が「箱庭のような海」と表現してくれましたが、まさにそんな感じですねえ。


無人の浜に上陸してコーヒーブレイク♪
もう最近はアイスコーヒーが定番です。

うまい具合に雲が日差しを遮ってくれていて、無風なのに暑くはありませんでした~。


漕ぎ出そうとすると青空が広がり、真夏の太陽が顔を出してきました。


静かな入り江へ寄り道します。
もう本当に鏡のような凪ですね。

真夏の花・ハマボウもだいぶ咲き始めています。


すっかり真夏の陽気になってしまいました。
さすがに風が吹いていないと暑いくらいでしたね。


ご参加いただきましてありがとうございました~!!




2018年7月11日水曜日

2018年7月11日【カヤックフィッシングのためのファーストステップ講習】常連のお客さまがカヤックフィッシングに挑戦!

今日はシーカヤックの常連のお客さまがカヤックフィッシングに挑戦しに来てくださいました~!


シーカヤックツーリングをする時とは比べ物にならないくらい多い道具類を積み込んでいざ出発♪

【カヤックフィッシング講習】といっても漕ぎのほうはまったく問題ないので、釣り道具についてレクチャーをしました。


さっそく糸を垂らします。
釣りそのものは陸っぱりをたまにする程度には嗜んでいるので、カヤック上でも様になっていますね。


昼近くになって南風が吹き始めましたが、シーカヤックのご経験が豊富にあるので多少の波風は気にもしません。笑
「シットオンカヤックは安定感があるねえ」なんておっしゃっていました。


何度かアタリはあったもののボウズでお昼ご飯休憩。
木陰のある浜辺でランチ♪

ご要望に応じて「伊勢うどんの焼うどん」です~。


午後は場所を変えながら探っていきます。
漕力もしっかりあるので移動も苦になりません。

カヤックフィッシングにもやっぱりパドリング技術は必要ですね♪


午後もアタリはあるもなかなかヒットにつながりません。
僕としては申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、お客さまはそれでも大満足な様子でした。

釣れても釣れなくても糸を垂らしてのんびりするのが楽しいんですよね!(言い訳ですが。笑)


結局二人ともアタリだけで釣果はあげられませんでした。残念~。
それでもカヤックフィッシングの楽しさを感じていただけたようで、なんとフィッシングカヤックご購入を決めていただきました~!
ありがとうございます♪

これからのカヤックフィッシング・ライフが楽しみですね。


ご参加いただきましてありがとうございました~!!


サニーコーストカヤックスの【カヤックフィッシングのためのファーストステップ講習】は漕ぎや釣りの技術的な講習だけではなく、お目当てのフィッシングカヤックを試乗するチャンスでもあります。
フィッシングカヤックの試乗艇に関しましてはホームページにて紹介していますので、ぜひチェックしてみてください♪

サニーコーストカヤックスHP【カヤックフィッシング ページ】はこちら


2018年7月9日月曜日

2018年7月9日【伊勢熊野パドルスポーツガイドミーティング】ハイシーズン直前のトレーニングをしました!

今年で三回目となる【パドルスポーツガイドミーティング】を紀北町で実施しました~!


紀北町「道瀬食堂」内にベースを構える【キオラパドル】山本ケイタくんのところに集合。
まずはお食事をしながら近況報告や情報交換します。

参加したのは、
「アウティーズOUTISE」南平くん(伊勢市)
「海島遊民くらぶ」田中キエちゃん(鳥羽市)
「キオラパドル」山本くん(紀北町)
「シーカヤックステーション小山ハウス」森田さん(紀北町)
「ベルデ大台ツーリズム」野田さん(大台町)
「語らいの里 噺野」伊藤さん(大紀町)
「NewDeer」近藤くん(熊野市)
「くまのでSUP」大西サキエちゃん(熊野市)
そして「サニーコーストカヤックス」本橋(南伊勢町)

僕個人的には皆さん良く知った仲間なのですが、意外と初めて会う人同士もいて、あらためてこうした集まりの大事さを感じます。


午後から海に出ました。
乗り物は思い思いにシーカヤック、レクリエーショナルカヤック、リバーカヤック、SUPと色とりどり。笑


お手軽体験ツアーだったら中止にするであろう波が打ち寄せる海岸から出発し、尽きぬ話をしながら隣の浜へ。

この後はそれぞれの課題を思い思いにトレーニングしていきました。


こちらは僕が持って行ったレクリエーショナルカヤックの二人乗り艇。
前後に隔壁がなく、浮力体だけでちゃんと浮くのか、レスキューは可能かを検証しました。

結論はレスキューはできるけれどすごく大変だ、でした。笑


浜に上陸してカヤックやSUPを乗り換えたりもしました。


僕も久しぶりにSUPにチャレンジ!
立って漕ぐのがやっとで、いつもとは違う視線の高さを楽しむ余裕はまったくありませんでした・・・。笑

他にもロールに挑戦する人や、再乗艇の確認をする人もいました。
ガイドが集まっているからこそできることですね♪


この「ガイドミーティング」はトレーニングというにはゆる~いので「ミーテイング」と呼ぶことにしました。
トレーニングは日々できることもありますし、各種研修は日本セーフティカヌーイング協会や熊野ガイド協会が実施しています。
そうした本気なトレーニングの前段階として、ガイド同士のネットワーク作りの一助になればと思い続けていこうと思っています。

来てくれた皆さん、ありがとうございました♪


2018年7月8日日曜日

2018年7月7日、8日【那智勝浦・串本ツアー】今年も行ってまいりました!南紀の海♪

毎年恒例となりましたお泊りツアー【那智勝浦・串本ツアー】に行ってまいりました~♪


西日本では大災害となったこの週末。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

紀伊半島南部では雨足はそれほどでもなかったものの、海況は思わしくなかったため当初の計画を大幅に変更することになりました。
まずは行きがけに道の駅「紀宝町ウミガメ公園」でウミガメたちを愛で、お食事を済ませます。


そしてやって来たのはコチラ!
熊野川のほとりにある、この春にオープンしたばかりの「飛雪の滝キャンプ場」~♪

つい先日行われた「三重まるごと自然体験ネットワーク交流会」でお知り合いになったばかりの佐竹さんを頼って、アクティビティをお願いしちゃいました。


レンタルのウェットスーツと沢靴、ヘルメットを被り、ダッキー(インフレータブルボート)を持ってやってきたのは・・・。

Photo by T.Satake

名勝「飛雪の滝」!
この滝つぼでダッキーをするんです。笑

もちろん漕ぐだけじゃなく泳いだり、サイドから滝へ近付いて打たれてみたりと、大の大人たちがヘロヘロになるまで遊ばせてもらいました。
ちなみに水量は普段の2~3倍くらいだそーです(佐竹氏談)。

こんな滝がキャンプ場の目の前、いやほとんど敷地内にあるんです。

Photo by T.Satake

さらに「飛雪の滝」の上にある「二の滝」へ行ったり、

Photo by T.Satake

そのまた上流でこんなことをしたりと、たっぷり楽しませていただきました!

雨が降っていて、海も荒れていて、川は増水していて。
という僕としては絶望的な状況下でも、こんなに遊べるフィールド、アクティビティを体験させていただき、佐竹さんには感謝の言葉もございません!


アクティビティの後は乾いた服に着替えて店内へ。
地元産の梅も使ったウメジュースが販売されていました。


ウメジュースを飲みながら佐竹さん(左奥)が撮ったばかりの写真も見せてくれました。
いやあ、笑顔も気持ちもすっかり少年少女に戻っていましたが、体力その他が追い付かなくなってきてますねえ。笑

佐竹さん、「飛雪の滝キャンプ場」の皆さん、本当にお世話になりました!!


その後、那智勝浦のお宿へ移動し、温泉でほっこりしてから夜は街中にある中華料理屋さん「大将閣」へ。

マグロを使ったお料理に舌鼓を打ち、カヤック談義に花が咲き、夜は更けていくのでした。

 

翌日は雨も止み、風もすっかり収まりました。
那智勝浦から車で30分ほど移動して、本州最南端の町・串本へ。

まだまだうねりや風も心配だったので、紀伊大島の島影のエリアを漕ぐことにしました。


奇岩・橋杭岩。

さすがにうねりは残っていましたが、風はそよそよ、さらには雲間から青空まで覗いてきました。


無人島に上陸してコーヒーブレイク♪
洞窟があり、木々がうっそうと茂り、秘境感まんてんです~。


帰路は日差しも出てきました。

ただ、黒潮の大蛇行のせいで水温は低く、昼近くになってなんだか不穏な雰囲気を感じ始めました。


昼凪なのでしょうか、すっかり無風になった南紀の海。
と、対岸の紀伊大島にだんだんと雲が垂れて来ました。


出艇した「橋杭海水浴場」に着いた頃には島の半分が霧に覆われ、海峡がみるみる霞んでいきました。


ランチは休憩所の中にて。
青さのりと桜エビのパスタです♪

のんびりとご飯を食べている間に橋杭岩まで見えなくなるほどの濃霧に覆われてしまいました。
さすがにこうなってしまってはカヤックを漕ぐわけにはいかないので、午後のツーリングは中止としました。


「橋杭海水浴場」でカフェ&カヤックサービスをしている【ラパン】青木さんのご厚意でカヤックも装備も洗わせていただき、「サンゴの湯」で身も心もさっぱりして串本を後にしたのでした。


各地で災害も発生している中、ツアー催行そのものも危ぶまれましたが熊野・南紀のガイド仲間(佐竹さんスミマセン、馴れ馴れしくて笑)や便利な施設に助けられ、もうお腹いっぱいというくらいに二日間楽しむことができました。
お世話になった皆さま、本当にありがとうございました!

そしてご参加いただいたお客さま、ありがとうございました~!!